鍵のトラブルを防止する

鍵屋さんによると、鍵に関するトラブルは非常に多いらしく、ほぼ毎日どこかへトラブル解決のため出張しているそうです。
特に一番多いトラブルが玄関の鍵を失くしてしまったので家に入れないというものだそうです。確かに家の鍵は幅広い世代の人が持ち歩くものですし、親が共働きの家庭なら小学生でも常日頃持ち歩いているものでしょう。またその割に携帯電話と違って常に触っているというものではありませんし、大きさも小さいので失くしたことに気付きにくいのかもしれません。

そのためにはやはり鍵には目印となるようなキーホルダーやキーケースが必要ではないでしょうか。
そうすればカバンの中でもどこにあるか見分けがつきやすいし、失くしたことにも気づきやすいでしょう。また、自分の中で鍵をしまっておく所を決めておくという方法も有効かもしれません。

また、鍵を持ち歩かなくても良い錠前に交換するというのも一つの手ではないでしょうか。
最近の電子錠はタッチパネルや指紋認証、ICカードでも施錠・開錠をすることができます。 ICチップが入っていれば携帯電話でも開錠が可能ですので鍵を持ち歩く必要がなくなり、鍵が無くて家に入れないというような状況を回避することが可能です。