日本最古の鍵

鍵の歴史は古く、はるか昔の紀元前より存在していたと言われています。

では日本ではいつ頃から鍵が使用されていたのかご存知でしょうか。
日本最古の鍵は、大阪府羽曳野市にある野々上遺跡から出土が確認されました。 野々上遺跡は飛鳥時代から平安時代にかけて存在した集落の跡地とされており、その規模は広大です。その野々上遺跡から出土された鍵は、海老のような形状をしており、海老錠と呼ばれています。また、海老錠は正倉院にも納められており、唐から伝わったものではないかと言われています。

しかし、昔の人々にとっての鍵は現代のような生活の安全に必須というようなものではなかったようでした。 江戸時代ごろでは、住居の構造も長屋が多く、つっかえ棒で内側から戸締りをする分で十分事が足りたようです。また近隣の住民同士のコミュニケーションも充実していたため泥棒が入りにくい環境であったため、治安の良さも関係していたのではとされています。

鍵が付けられたとしても蔵などで、それもほんのお飾り程度であったと言われています。 ただしこれらはあくまで庶民にとっての鍵であり、お城の門には立派な錠前(当時はカンヌキが主流でした)が取り付けられていたと言います。